「2016年5月」の記事一覧

蓄膿症の症状で頭痛?ツボで緩和する方法とは

蓄膿症(副鼻腔炎)の頭痛症状はツボを刺激する事で緩和する事が可能で、主に天柱・百合・合谷などのツボがおすすめであり、それぞれ刺激の方法を動画などで分かりやすくしているので、蓄膿症(副鼻腔炎)の症状で頭痛がある人は緩和してみてください。

急性と慢性の副鼻腔炎は治療期間がどれくらい?

副鼻腔炎(蓄膿症)は急性と慢性の二つのケースに別れますが、急性と慢性の副鼻腔炎(蓄膿症)では治療期間がそれぞれ違い、治療期間が長引きやすい人は放置したり、薬の服用を放棄した人が多く、以下の記事に詳しく詳細を紹介しました。

副鼻腔炎で鼻水が出ない?頭痛などの特徴とは

副鼻腔炎(蓄膿症)を発症した人には鼻水が出ない方も多くいて、鼻水が出ない方は鼻の粘膜が腫れている可能性が高く、頭痛や顔面の痛みは伴うという方が多くいて、副鼻腔炎(蓄膿症)の時は頭痛などを感じたら耳鼻科に診察しましょう。

副鼻腔炎の歯痛はいつまでも治らない?免疫力が大切?

副鼻腔炎(蓄膿症)で歯痛の症状が現れる時は、上の奥歯から歯痛を感じることが多く、副鼻腔炎(蓄膿症)で痛みがいつまでも治らない訳ではなく、急性なら早く治るのですが、慢性的で免疫力が低い人はいつまでも治らないケースもあります。

副鼻腔炎の再発原因と予防方法とは

蓄膿症(副鼻腔炎)を再発してしまう原因は手術後の不規則な生活やタバコなどが再発原因と考えられ、蓄膿症(副鼻腔炎)の予防には花粉を避けるようにゴーグルをしたり、体を温めるマフラーをすると予防になるので、おすすめします。

副鼻腔炎の薬は抗生物質?治療期間と副作用とは

副鼻腔炎(蓄膿症)の薬に含まれている抗生物質を子供や幼児に服用させる期間は、軽症か重症かで期間が異なり、薬が含む抗生物質は副鼻腔炎(蓄膿症)の子供や幼児に下痢・胃痛・吐き気などの副作用が現れ、副作用で腸内の善玉菌が殺菌されるからです。

蓄膿症の自然治療法?妊婦でも自宅で出来る?

蓄膿症(副鼻腔炎)の自然治療法を探している人がいると思いますが、特に妊婦は薬に制限が掛かるので、自然治療法に頼らざる負えないと思うので、鼻うがいや玉ねぎの匂いを嗅ぐ自然治療法を紹介するので、蓄膿症(副鼻腔炎)の妊婦は是非見てください。

副鼻腔炎の改善に効く食べ物と悪化するものとは

副鼻腔炎(蓄膿症)の中でも改善に効く食べ物はビタミンAやビタミンCを含む食べ物で治療に役立ち、逆に副鼻腔炎(蓄膿症)を悪化させるものはヒスタミンや糖分を含むものであり、これらを避ける事で改善に効くので、飲食でも治療に繋がります。

副鼻腔炎で鼻づまりなし?解消方法のおすすめとは

副鼻腔炎(蓄膿症)で鼻づまりになる方は多いですが、実際には鼻の粘膜が強い人は症状なしという方もいて、副鼻腔炎の鼻づまりには解消方法として、玉ねぎの匂いを嗅ぐ事や深呼吸をしながら頭を上下する方法が良いと思います。

蓄膿症の鼻水は色は透明や黄色?変化の過程とは

蓄膿症(副鼻腔炎)の症状で鼻水が出る際はとても匂いが臭いですが、最初は透明でサラサラの鼻水が出るのが普通で、次第に透明~黄色やなどに変化する事が分かっており、蓄膿症(副鼻腔炎)の場合は匂いがきついので分かりやすいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ