「2016年4月」の記事一覧(2 / 2ページ)

副鼻腔炎で咳喘息?子供の危険性について

副鼻腔炎(蓄膿症)の状態でホコリや花粉などを吸い込んでしまうと咳喘息を発症しやすく、夜になると乾いた咳が止まらなくなるのが咳喘息の特徴ですが、副鼻腔炎(蓄膿症)も夜に悪化するという共通点を持ち、症状を上手く説明できない子供には注意しましょう。

副鼻腔炎の咳と痰が止まらない時の対処方法とは

副鼻腔炎(蓄膿症)になると後鼻漏で咳と痰が止まらない状態が続く、こんな時に有効な対処方法は鼻水を止める寝玉ねぎが良く、咳と痰が止まらない時に効果的な対処方法となり、副鼻腔炎(蓄膿症)の時は迎香のツボを押すのも良いです。

副鼻腔炎の熱は続く?下がらない時の対処方法とは

副鼻腔炎(蓄膿症)によって熱が続く時は治療薬を処方されたものを2~4週間服用し続けると副鼻腔炎(蓄膿症)の熱が下がらない状態が改善され、いつまでも下がらないで続く時は風邪薬・ストレス・タバコなどが原因と考えられるでしょう。

副鼻腔炎の予防法と食べ物で有効なものとは

副鼻腔炎(蓄膿症)になりたくない人は予防法を考えると思いますが、予防法にはまず免疫力を下げている原因を改善する事が大切で、他にも花粉シーズンには特に注意するべきで、副鼻腔炎(蓄膿症)を防ぐ食べ物はビタミンAを含む卵や小松菜であり、納豆などの食べ物も有効です。

副鼻腔炎の手術後に後遺症?再発する症状とは

副鼻腔炎(蓄膿症)の手術後はお酒やたばこを2週間控えるのが原則で、副鼻腔炎(蓄膿症)の手術後には極稀に後遺症を伴う事があり、目の後遺症で物が2重に見えるケースや視野や視覚に障害が現れ、顔面麻痺などを伴うケースも見られます。

蓄膿症は放置すると治る?危険性とは

嫌な匂いの鼻水が続く蓄膿症(副鼻腔炎)は放置で治るというケースもありますが、放置して蓄膿症(副鼻腔炎)が治らなかった時は慢性的なものに繋がる事があり、合併症で中耳炎・脳膿瘍・失明・意識障害など重症になる事もあるのでおすすめしません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ