「2016年4月」の記事一覧

副鼻腔炎の耳鳴りと耳が痛い症状の原因とは

副鼻腔炎(蓄膿症)の方の中には耳鳴りや耳が痛い症状を引き起こす方がいて、副鼻腔炎(蓄膿症)の炎症で分泌された膿が鼻の奥と繋がっている耳管に炎症を起こす事で、耳鳴りや耳が痛い症状が見られているので、副鼻腔炎(蓄膿症)の方は中耳炎などの合併症にも気を付けましょう。

蓄膿症の症状で子供は熱やいびきが現れる?

蓄膿症(副鼻腔炎)の症状が現れた子供はいびきや熱が出るようになり、熱は38~40度になる事もあって、いびきは鼻詰まりの症状から口呼吸になる事が原因で出ており、蓄膿症(副鼻腔炎)の子供は症状を自分で訴えるのが苦手なので、よく見てあげましょう。

副鼻腔炎で喉の痛みや違和感?改善方法とは

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状には喉の痛みや違和感を感じるというケースが見られ、喉の痛みや違和感の症状は主に鼻水が喉元に落ちる後鼻漏と鼻詰まりによる口呼吸の変化が大きな理由で、副鼻腔炎(蓄膿症)の患者はムコダインの服用をおすすめします。

副鼻腔炎で目やにと目が痛い?合併症とは

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状で目やにが出る際は黄色や緑色で粘り気があるヤニが出やすく、副鼻腔炎(蓄膿症)で目が痛い時は膿が溜まっている事で現れる症状で、結膜炎にまで悪化すると腫れて目が痛い状態が長く続くため注意しましょう。

副鼻腔炎の痛みを和らげる方法と痛み止めの効果とは

副鼻腔炎(蓄膿症)の痛みを和らげる方法は主に冷やす事が大切で、他には首元の血流をリラックスさせる事や合谷というツボを押すのが和らげる方法となり、副鼻腔炎(蓄膿症)の方が痛み止めを服用しても治りが遅くなるので、痛み止めはおすすめしません。

副鼻腔炎の耳詰まりで耳が聞こえにくい理由とは

副鼻腔炎(蓄膿症)で鼻詰まりになると鼓膜に悪影響をもたらして耳詰まりになり、耳が聞こえにくい状態になる事があって、中耳にまで副鼻腔炎(蓄膿症)の膿が入り込むと滲出性中耳炎になるケースが見られ、耳詰まりで耳が聞こえにくい状態が続きます。

蓄膿症の症状の治し方で有効な治療方法とは

蓄膿症(副鼻腔炎)では症状として頭痛・口や鼻の悪臭・鼻詰まりなどの症状が現れ、治療方法は抗生物質を飲むというのが蓄膿症(副鼻腔炎)の治し方となりますが、自宅で有効な治し方は鼻うがいをするkとやムチンを摂取する事も治療方法となります。

蓄膿症の症状とチェックリストで調べる方法

蓄膿症(副鼻腔炎)の症状は痰・鼻水・頭痛などが代表的ですが、チェックリストとして今回は蓄膿症(副鼻腔炎)であるか明白にしており、また症状が似た病気もチェックリストに紹介しており、異なる症状を分かりやすく解説しております。

蓄膿症の原因はストレス?子供の危険性とは

蓄膿症(副鼻腔炎)の原因となるのはストレスもあり、ストレスを感じた人はNK細胞というウイルスを倒す免疫が弱まる事が考えられ、蓄膿症(副鼻腔炎)の子供の原因はプールの細菌が耳や鼻に入るが多いので、6歳までの子供は考えてプールに入れましょう。

蓄膿症の原因と対策法や症状の危険性とは

蓄膿症(副鼻腔炎)の原因は主に風邪・アレルギー性鼻炎・プールの細菌などの原因があり、対策方法は手洗いやうがいなどの対策方法が簡単に出来て、蓄膿症(副鼻腔炎)の症状は鼻水や鼻詰まりが続いて、頭痛の症状などは悪化するので注意しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ