「蓄膿症の鼻水」の記事一覧

蓄膿症(副鼻腔炎)の鼻水は何度かんでもズルズルと落ちてきて面倒なのが特徴であり、以下の記事には蓄膿症(副鼻腔炎)の鼻水に有効な鼻水を出す方法や鼻うがいのやり方や効果を説明していて、他にも蓄膿症(副鼻腔炎)なのに鼻水の症状が出なかった人などについて書いてあるので、興味がある人は見てください。

副鼻腔炎で鼻水が出ない?頭痛などの特徴とは

副鼻腔炎(蓄膿症)を発症した人には鼻水が出ない方も多くいて、鼻水が出ない方は鼻の粘膜が腫れている可能性が高く、頭痛や顔面の痛みは伴うという方が多くいて、副鼻腔炎(蓄膿症)の時は頭痛などを感じたら耳鼻科に診察しましょう。

副鼻腔炎で鼻づまりなし?解消方法のおすすめとは

副鼻腔炎(蓄膿症)で鼻づまりになる方は多いですが、実際には鼻の粘膜が強い人は症状なしという方もいて、副鼻腔炎の鼻づまりには解消方法として、玉ねぎの匂いを嗅ぐ事や深呼吸をしながら頭を上下する方法が良いと思います。

蓄膿症の鼻水は色は透明や黄色?変化の過程とは

蓄膿症(副鼻腔炎)の症状で鼻水が出る際はとても匂いが臭いですが、最初は透明でサラサラの鼻水が出るのが普通で、次第に透明~黄色やなどに変化する事が分かっており、蓄膿症(副鼻腔炎)の場合は匂いがきついので分かりやすいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ