「蓄膿症の症状」の記事一覧

蓄膿症の症状で頭痛?ツボで緩和する方法とは

蓄膿症(副鼻腔炎)の頭痛症状はツボを刺激する事で緩和する事が可能で、主に天柱・百合・合谷などのツボがおすすめであり、それぞれ刺激の方法を動画などで分かりやすくしているので、蓄膿症(副鼻腔炎)の症状で頭痛がある人は緩和してみてください。

副鼻腔炎で鼻水が出ない?頭痛などの特徴とは

副鼻腔炎(蓄膿症)を発症した人には鼻水が出ない方も多くいて、鼻水が出ない方は鼻の粘膜が腫れている可能性が高く、頭痛や顔面の痛みは伴うという方が多くいて、副鼻腔炎(蓄膿症)の時は頭痛などを感じたら耳鼻科に診察しましょう。

副鼻腔炎の歯痛はいつまでも治らない?免疫力が大切?

副鼻腔炎(蓄膿症)で歯痛の症状が現れる時は、上の奥歯から歯痛を感じることが多く、副鼻腔炎(蓄膿症)で痛みがいつまでも治らない訳ではなく、急性なら早く治るのですが、慢性的で免疫力が低い人はいつまでも治らないケースもあります。

副鼻腔炎で鼻づまりなし?解消方法のおすすめとは

副鼻腔炎(蓄膿症)で鼻づまりになる方は多いですが、実際には鼻の粘膜が強い人は症状なしという方もいて、副鼻腔炎の鼻づまりには解消方法として、玉ねぎの匂いを嗅ぐ事や深呼吸をしながら頭を上下する方法が良いと思います。

蓄膿症の鼻水は色は透明や黄色?変化の過程とは

蓄膿症(副鼻腔炎)の症状で鼻水が出る際はとても匂いが臭いですが、最初は透明でサラサラの鼻水が出るのが普通で、次第に透明~黄色やなどに変化する事が分かっており、蓄膿症(副鼻腔炎)の場合は匂いがきついので分かりやすいです。

蓄膿症の症状で頭痛や熱が出る子供の注意点とは

蓄膿症(副鼻腔炎)を発症した子供は頭痛や熱が続く事があり、大人の人が子供の変化に気がつかないと症状が分からない事があり、蓄膿症(副鼻腔炎)の頭痛や熱は炎症が治らない限り改善されないので子供の面倒をしっかりみましょう。

蓄膿症の症状で頭痛とめまいや吐き気?

蓄膿症(副鼻腔炎)では頭痛・めまい・吐き気などの症状を伴う事があり、耳の方に膿が行った人は平行感覚に支障が出て、バランス感覚が崩れてめまいや吐き気を伴う事があり、蓄膿症(副鼻腔炎)で頭痛の症状がある人は膿を出さないと治りません。

蓄膿症の症状と頭痛の対処方法や薬の危険性とは

蓄膿症(副鼻腔炎)で頭痛の症状が続く時に有効な対処方法はお風呂に入る事や音や光を避ける対処方法が良く、蓄膿症(副鼻腔炎)で頭痛の症状がある時に薬を服用しても一時的に緩和するだけで、薬は回復を遅くするので良くありません。

蓄膿症の頭痛の治し方と治らない時の原因とは

蓄膿症(副鼻腔炎)の症状で頭痛が続く時は、治らないのではと考えがちですが、治す事は可能であり、蓄膿症(副鼻腔炎)の頭痛の治し方はお風呂に入る事や玉ねぎの匂いを嗅ぐ治し方が良いので、治らない方は試してください。

副鼻腔炎の耳鳴りと耳が痛い症状の原因とは

副鼻腔炎(蓄膿症)の方の中には耳鳴りや耳が痛い症状を引き起こす方がいて、副鼻腔炎(蓄膿症)の炎症で分泌された膿が鼻の奥と繋がっている耳管に炎症を起こす事で、耳鳴りや耳が痛い症状が見られているので、副鼻腔炎(蓄膿症)の方は中耳炎などの合併症にも気を付けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ