「蓄膿症の治療」の記事一覧

治療期間が非常に長いイメージがある蓄膿症(副鼻腔炎)ですが、治療期間は急性と慢性で異なり、急性の蓄膿症(副鼻腔炎)なら自然に改善される事がありますが、抗生物質の薬を適切に服用する事が前提の話であり、以下の記事には蓄膿症(副鼻腔炎)の治療に関する情報と改善に効く食べ物を紹介しております。

急性と慢性の副鼻腔炎は治療期間がどれくらい?

副鼻腔炎(蓄膿症)は急性と慢性の二つのケースに別れますが、急性と慢性の副鼻腔炎(蓄膿症)では治療期間がそれぞれ違い、治療期間が長引きやすい人は放置したり、薬の服用を放棄した人が多く、以下の記事に詳しく詳細を紹介しました。

副鼻腔炎の薬は抗生物質?治療期間と副作用とは

副鼻腔炎(蓄膿症)の薬に含まれている抗生物質を子供や幼児に服用させる期間は、軽症か重症かで期間が異なり、薬が含む抗生物質は副鼻腔炎(蓄膿症)の子供や幼児に下痢・胃痛・吐き気などの副作用が現れ、副作用で腸内の善玉菌が殺菌されるからです。

蓄膿症の自然治療法?妊婦でも自宅で出来る?

蓄膿症(副鼻腔炎)の自然治療法を探している人がいると思いますが、特に妊婦は薬に制限が掛かるので、自然治療法に頼らざる負えないと思うので、鼻うがいや玉ねぎの匂いを嗅ぐ自然治療法を紹介するので、蓄膿症(副鼻腔炎)の妊婦は是非見てください。

副鼻腔炎の改善に効く食べ物と悪化するものとは

副鼻腔炎(蓄膿症)の中でも改善に効く食べ物はビタミンAやビタミンCを含む食べ物で治療に役立ち、逆に副鼻腔炎(蓄膿症)を悪化させるものはヒスタミンや糖分を含むものであり、これらを避ける事で改善に効くので、飲食でも治療に繋がります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ