蓄膿症の症状の治し方で有効な治療方法とは


蓄膿症(副鼻腔炎)の症状は頭痛や慢性的な鼻水など不快なものが多く、早めに治療方法を試したいと思う方がいると思います。


3d04dc866eae4e987738bd52f09b7ec0_s


今回は治療方法に有効な治し方をお伝えします。


また蓄膿症の症状で注意するべき点や普段から気を付けるべき習慣などを紹介したいと思います。

蓄膿症の症状とは


蓄膿症とは風邪などのウイルスや花粉などのアレルゲンが副鼻腔と呼ばれる部分に炎症を引き起こして、膿が発生して詰まっていく病気です。


様々な不調を伴い、蓄膿症の症状は以下の通りとなります。


蓄膿症の症状


黄色や緑色の鼻水が続く
鼻や口の匂いがきつい
めまいや吐き気がする
寒気がする
頭痛がして頭の重さを感じる
体がだるくて集中力もない
37~40度の熱が出る
喉の痛みがあり、咳が出る
喉に鼻水が落ちて痰が止まらない
鼻の周辺・目・歯の痛み
味覚が落ちて、食べ物の味が分からない

以上が蓄膿症の症状です。


黄色や緑色の鼻水というのは、常にこういう状態ではなく、まだ蓄膿症を発症したばかりの時は鼻水が透明でサラサラです。


次第に黄色や緑色に変わって、ドロッとしたものになります。


蓄膿症による鼻水の症状が副鼻腔から耳の方にまで渡った場合は、中耳炎になるケースがあり、耳が聞こえずらくなる恐れがあります。


また夜になると鼻水が喉元に落ちて、咳が止まらないようになるケースがよくあります。


朝起きた時は、痰が大量に溜まった状態出る事が多く、鼻や口の匂いは生ごみのようなの匂いになる症状もあります。

スポンサーリンク


蓄膿症に有効な治し方


どうやったら蓄膿症を治せるのかと治療方法が気になっている方がいると思いますが、まだ発症して1ヶ月経過していない急性なら治す事も可能です。


しかし、2~3ヵ月症状が続いてる慢性の方はそんな簡単に治す事は出来ません。


蓄膿症の治し方は急性も慢性も基本的には、病院で抗生物質を処方してもらい、その薬の服用が治療方法となります。


しかし、アメリカのワシントン大学の研究によると蓄膿症に対して、抗生物質を服用させたグループと偽薬を服用したグループに治療期間の変化はみられなかったようです。


つまり、抗生物質を服用するよりも生活習慣を正す事が重要と分かります。


治療方法は沢山あり、それは人間が持っている免疫力を強化するという方法であり、その他に傷付いた副鼻腔を修復する事が有効な治し方となります。


以下の治療方法が蓄膿症に有効なので、薬を飲みながら実践してみてください。


蓄膿症に効果的な治し方


ビタミンAを摂取する

蓄膿症)の方は鼻や副鼻腔の粘膜が炎症を起こして弱っているため、粘膜を修復して強化する栄養であるビタミンAを摂取する治し方が症状に有効で、主にうなぎ・卵・鶏レバー・小松菜・ニラ・人参・ほうれん草・パセリ・赤パプリカ・バターが含んでいて食べれば治療方法となります。


タバコを止める

ニコチンを含むタバコの煙は鼻の粘膜に炎症を起こす原因となるので、蓄膿症の症状を悪化させてしまうので、治療方法としてタバコを絶つというのが有効な治し方となります。



生活習慣を正す

免疫力を落とす不規則な生活・お酒の飲み過ぎ・過労・ストレス・睡眠不足・暴飲暴食などの生活習慣は蓄膿症を悪化させるので治療方法として控える事が良く、一番大切な治し方となります。



寝る時はいつも枕元に玉ねぎを置く

玉ねぎの刺激的な匂いは硝化アリルという成分を含む、この成分は血行を良くして炎症を抑える効果があり、匂いを嗅ぐだけでいいので、スライスした玉ねぎを枕元に置いて寝ると蓄膿症(副鼻腔炎)の鼻水や鼻詰まりの治療方法となり、膿が出やすくなる事から蓄膿症の治し方となるので、毎日しましょう。


以上が蓄膿症の症状に有効な治し方となるので、是非やってみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ