副鼻腔炎の予防法と食べ物で有効なものとは


副鼻腔炎(蓄膿症)の予防法を知りたい方もいると思いますし、食べ物は何を食べれば良いのか興味がある人も多いでしょう。


86c52f385d81821070850e47c0030ba2_s

今回は簡単に出来る予防法と食べ物を紹介したいと思います。

副鼻腔炎(蓄膿症)を既に発症している方でも今回紹介する方法を実践していただくと状態を良くする可能性もあるので、是非とも参考にしてください。

副鼻腔炎の予防法とは


まず副鼻腔炎は免疫力が弱いため、風邪のウイルスやアレルゲンなどが頬と額の間にある副鼻腔に感染して、炎症を起こして発症します。


そのため、副鼻腔炎の予防法は免疫力を高める事が大切です。


免疫力を高める方法は沢山あるので、基本的に以下の予防法を試してみてください。


副鼻腔炎の予防法


睡眠時間を7時間取る

睡眠不足だと免疫力が落ちてしまう事から副鼻腔炎を発症しやすくなり、睡眠時間は7時間取ると望ましく、音や光がある場所では睡眠の質が下がるので、静かで暗い所で過ごして寝ると予防法になります。



砂糖を控える

白砂糖を100g摂取させた人は5時間後に免疫細胞の白血球の動きが悪くなったという研究結果があり、砂糖は体温を低くして免疫力を落とし、副鼻腔炎に悪影響で、予防法として白砂糖を控えて、体を温めるてんさい糖などに変える予防法が良いです。



ウォーキングをする

1日20分で良いので1日に運動をするべきで、運動不足だと血流が悪くなり、全身に栄養と酸素が行かず免疫力が下がるだけでなく冷えにも繋がり、副鼻腔炎に悪く、予防法として、水泳や筋トレで良いので毎日動きましょう。


マスクとうがいをする

普段からマスクをすると風邪のウイルスなどの侵入を防ぐ事から、副鼻腔炎(蓄膿症)に繋がる危険性も少なくなる事から予防法になり、喉に付着したウイルスやアレルゲンをうがいで洗い流す事も予防法になるので、家に帰ったらやりましょう。



花粉対策をする

花粉が体内に侵入して花粉症を発症する事で、副鼻腔炎に繋がるので、1~3月の花粉シーズンにはマフラー・サングラス・防止で花粉を防ぐ事が、花粉症の予防法となり、同時に副鼻腔炎の予防法にもなるので、おすすめです。



タバコをやめる

タバコが含むニコチンという成分は鼻の粘膜にダメージを与えて、副鼻腔炎に繋げる原因なので、タバコをやめる事が予防法に繋がるため、辞め方が良いです。



夜食をやめる

夜食をすると消化の負担が大きく、免疫力も低下する事から副鼻腔炎を発症しやすくなり、食事は一口30~50回噛むのがおすすめで、腹5分に抑えて食べると免疫力が上がり、予防法となります。



以上が副鼻腔炎(蓄膿症)の予防法となります。


ストレスなども副鼻腔炎の原因なので、なるべく好きな事をする時間を取る事も大切なので、予防法としてリラックスする時間を作りましょう。

スポンサーリンク


副鼻腔炎の予防となる食べ物


今から副鼻腔炎の予防に有効な食べ物を紹介するので、是非とも以下の成分が含んだ物を食べてください。


たんぱく質 新陳代謝を上げて免疫力を上げる

主な食べ物 白身魚・牛肉・鶏肉・レバー・ササミ
      チーズ・納豆・卵・豆腐・油揚げが含んでいます。


ビタミンA 鼻や喉の粘膜を作る

主な食べ物 鶏レバー・卵・ウナギ・人参・赤ピーマン・小松菜
      モロヘイヤ・パセリ・ほうれん草・バターが含んでいます。


ビタミンC 免疫細胞の白血球を活発して免疫力を上げる

主な食べ物 キャベツ・ピーマン・ブロッコリー
      水菜・じゃがいも・ゴーヤ・キウイ・苺・レモンが含んでいます。


以上の食べ物が副鼻腔炎の予防に有効な食べ物です。


以上で副鼻腔炎の予防に有効な食べ物について終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ