副鼻腔炎の再発原因と予防方法とは


副鼻腔炎(蓄膿症)がせっかく治ったのに、また再発した時はゲンナリしてしまいますが、なぜ再発したのか、原因が気になると思います。



347a890794828bc9f97cc414206ef344_s


今回は主な原因を紹介するので、困っている人は見てください。


副鼻腔炎の予防方法は沢山あるので、次は二度と再発しないように予防を日頃から心掛けてみましょう。

副鼻腔炎の再発原因とは


どうして副鼻腔炎を再発してしまったのか、原因が分からない方は以下の事が考えられるので、気を付けましょう。


副鼻腔炎が再発する原因


手術後からの期間

副鼻腔炎の手術をして、半年以内であれば、まだ完治していないため、症状が再発する事は結構多く、鼻の粘膜が弱っているので、風邪や花粉症を発症しやすいので、半年は規則正しい生活をする事が予防になります。



タバコやお酒

タバコの煙が含むニコチンは、鼻の粘膜の炎症を悪化させて、お酒が含むアルコールも同様なので、副鼻腔炎の方で、完治していない人は再発する原因になるので、控えるようにすると予防になります。



鼻中隔湾曲症

人の鼻の形は個人差があり、鼻が曲がったような状態だと空気の通り道が悪くなり、細菌やウイルスが増殖するケースが多く、蓄膿症の再発原因にもなり、健康的な生活なのに何度も再発する時は原因と考えられ、手術で治すと予防になります。



免疫力の低下

普段の生活が運動不足・不規則な生活・睡眠不足・過労・過度なストレス・暴飲暴食などの免疫力を下げる生活を行っている方は、蓄膿症の再発原因となるので注意しましょう。


以上が再発原因となります。

スポンサーリンク


蓄膿症の再発予防法


今から蓄膿症の再発を予防する方法を紹介するので、二度と嫌な思いをしたくない人は参考にしてください。


再発の予防方法

花粉を避ける

1~3月は花粉シーズンなので、外出時にはマフラー・ゴーグル・防止・マスクをすると再発予防になり、蓄膿症の方は家に帰るとキチンと花粉を落として、花粉が舞っている時は窓を閉めましょう。



お風呂に入る

毎日お風呂に入れば血行が良くなって、免疫力が上がるため、毎日お風呂には最低入るようにすると蓄膿症の再発予防となります。



体を温める

10~3月は寒い時期であると同時に風邪やインフルエンザなどの、蓄膿症の原因になる要因が蔓延するので、マフラーや靴下をして体を温める事で、免疫力を上げて、予防すると再発を防止出来ます。



納豆を食べる

ネバネバした食べ物は、ムチンという成分を含んでいて、鼻や喉の粘膜を保護して、風邪のウイルスや花粉のアレルゲンを防ぐ事から、蓄膿症の再発原因を予防する事が可能で、納豆・里芋・山芋・オクラ・うなぎ・なめこなどが含んでいます。



ビタミンAを摂取する

鼻や喉の粘膜を修復するビタミンAという栄養ですが、ほうれん草・小松菜・人参・かぼちゃ・鶏レバー・卵などが含んでいるので、蓄膿症の再発を予防になります。


以上が再発予防になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ