蓄膿症の原因はストレス?子供の危険性とは


嫌な事が続いたりするとストレスが溜まりますが、ストレスが蓄膿症(副鼻腔炎)の原因に繋がる事があり、今回はなぜそうなるのか説明します。


7d919158c0dabaaf46ed2c20a1feeb7e_s


また子供は蓄膿症を発症しやすく、大人との原因も異なるケースがあります。


今回は子供が蓄膿症を発症する原因も説明するので、お子様がいる家庭の方は是非とも参考にしてください。

蓄膿症の原因は強いストレス


基本的に適度なストレスであれば、メリットもあるのですが、慢性的に続くストレスは、蓄膿症の原因になる事があり、主な理由は免疫力低下です。


免疫力が低下すると風邪・インフルエンザ・花粉症などの蓄膿症の原因になる要因の影響を受けやすくなります。


その後に、蓄膿症に繋がるので、原因と言えます。


強いストレスを感じると自律神経が乱れる事で、内臓の機能を活発にする副交感神経が機能せず、血行不良や食欲減退で、全身に栄養と酸素が遅れず、免疫力落ちます。


すると免疫細胞のリンパ球も不活性化するので、ストレスを感じると蓄膿症の原因になる事があります。


またストレスを感じるとコルチゾールなどの、ステロイドホルモンを分泌します。


これはストレスホルモンと呼ばれており、人間の免疫細胞であるリンパ球の元気を奪う事から、免疫力を低下させて、蓄膿症の原因になります。


他にも風邪やインフルエンザなどのウイルスに有効なNK細胞を減少させます。


NK細胞とはナチュラルキラー細胞の事で、ウイルスを攻撃してくれる免疫であり、ストレスを感じて自律神経が乱れると減少して、抵抗力が減る事から原因になります。


ストレスは様々であり、精神的なストレスは嫌な思いをした感じます。


物理的ストレスは水分不足・体の痛み・過労などがあり、どちらも免疫力を低下させて、蓄膿症)の原因になります


蓄膿症の直接的な原因は、ストレスではなく、風邪やインフルエンザなのですが、ストレスが風邪やインフルエンザの発症に繋げるので良くないです。

スポンサーリンク


子供が蓄膿症を発症する原因


基本的に蓄膿症の原因は、風邪・インフルエンザ・花粉症・タバコ・免疫力低下などが挙げられます。


しかし、子供は大人と違う原因も幾つか考えられます。


まず子供はプールの細菌が蓄膿症の原因と考えられ、プールにある細菌が水を通して、鼻や耳に入る事で、副鼻腔にまで細菌が渡り、発症する恐れがあるのです。


稀な例では、プール内の塩素で、塩素アレルギーを起こして、蓄膿症を発症した子供もいます。


医師の説明によると子供は耳や鼻の器官が、未発達で対抗する力が弱いです。


そのため6歳までの子供は、プールに入れると蓄膿症を発症しやすいと分かっており、原因になるので、注意が必要です。


また虫歯や歯周病も子供の原因になるでしょう。


虫歯や歯周病を発症すると歯の細菌が、副鼻腔にまで渡って、蓄膿症の原因となる事から、子供には早めに歯医者に連れていきましょう。


子供はこれらの原因で、発症するケースが多いので、注意しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ