蓄膿症の原因と対策法や症状の危険性とは


蓄膿症(副鼻腔炎)を発症した経験がある方なら、頭痛や鼻詰まりなどの症状が慢性的に続く事から、非常に嫌な病気だという認識があると思います。


b7d4d9dc1091e288e696dae1a9d27972_s


そのため、蓄膿症の原因を知って、対策方法を知りたい人が多いでしょう。


今回は発症原因となる要因を紹介して、簡単に出来る対策方法もお伝えするので、蓄膿症の発症を防ぎたい人は参考にしてください。

蓄膿症の原因とは


まずは蓄膿症の発症させてしまう身近にある原因を紹介するので、対策を今後取りたい人は参考にしてください。


蓄膿症の原因

風邪などのウイルス

風邪やインフルエンザなどのウイルス類が、副鼻腔に侵入すると炎症を起こして、膿が溜まるようになり、蓄膿症の原因となってしまうので、対策として風邪やインフルエンザが流行する10月~3月は、手洗い・マスク・うがいをして生活しましょう。


アレルギー性鼻炎

家にあるハウスダストであるホコリやダニまたは、1~3月に流行する花粉症が、副鼻腔に侵入して炎症を起こす事で、蓄膿症を発症する事があり、対策として家の中を綺麗にして、花粉を防ぐためマフラー・マスク・ゴーグル・帽子を被り外出して、窓は基本的に占めて生活します。


虫歯や歯周病

実は虫歯や歯周病を放置したままにしてしまうと、虫歯や歯周病にある細菌が副鼻腔に入り、炎症を起こす事で蓄膿症の発症原因になる事があり、対策として普段から歯磨きをして、歯が痛ければすぐに歯医者に治療してもらいましょう。



鼻の噛み過ぎ

風邪などを引いて、鼻水が出るとつい鼻をかみまずガ、強めにかむと副鼻腔に鼻水が入って、蓄膿症の原因になるケースがあり、対策方法として片方の鼻を指で抑えながら、優しく片側ずつ鼻をかむと良いです。



遺伝子の問題

遺伝的な事情ですが、やはり人間は生まれた時から、鼻の形や粘膜の状態も親から遺伝されているので、鼻の形状から副鼻腔が炎症を起こしやすく、蓄膿症の原因と考えられることがあり、対策が出来ない部分です。


鼻中隔湾曲症

人間が成長する際や事故で鼻が曲がると鼻中隔湾曲症を発症して、軟骨が曲がっている事から、空気の通りが悪くなって、鼻の中でウイルスや細菌が増殖しやすくなる事から、蓄膿症の原因となり、対策としては手術で鼻の歪みを治してもらう事が可能です。


タバコのニコチン

喫煙者が吸うタバコはニコチンやタールを含み、煙からすれらの有害物質を吸い込んで神経や粘膜に悪影響を与えて、粘膜を弱めて、風邪などのウイルスに対する抵抗力が弱くなる事から、蓄膿症の原因となり、対策方法としてはタバコを吸わないか、量を減らす事です。


免疫力低下

やはりウイルスやアレルゲンが侵入されても、免疫力が高ければ蓄膿症(副鼻腔炎)になる可能性は低く、主に運動不足・お酒の飲み過ぎ・暴飲暴食・不規則な生活・ストレス・砂糖の取り過ぎ・孤独・過労・睡眠不足などが免疫力低下に当てはまるので、対策として規則正しい生活を心掛けましょう。



以上が蓄膿症)の原因となります。

スポンサーリンク


蓄膿症に有効な対策方法


原因が分かった所なので、次に蓄膿症の対策方法を紹介するので、興味がある人は是非見てください。


蓄膿症の対策方法


ビタミンAを取る

鼻や喉の粘膜を修復して強化する栄養がビタミンAであり、蓄膿症の対策となるので、主に卵・モロヘイヤ・パセリ・小松菜・ほうれん草・赤いパプリカ・人参が含んでいるので食べて見ましょう。



ビタミンCを摂取する

美容に良いビタミンCは免疫力をアップさせるので、蓄膿症の対策となり、主にきゃべつ・ピーマン・ゴーヤ・ブロッコリー・じゃがいも・白際・かぼちゃ・みかん・キウイ・レモン・柿が含んでいるので食べましょう。



マスク・うがい・手洗いをする

外から家に帰るまではマスク・手洗い・うがいをするべきであり、これらをすると風邪のウイルスや花粉などのアレルゲンを洗い流す作用があり、対策となるので、蓄膿症の人は参考にしてください。



睡眠は7時間取る

睡眠はなるべく7時間取るべきで、やはり睡眠時間が適正である人は免疫力が高い事から、蓄膿症になりづらく、睡眠の質を上げるために音や光のない所で寝ると免疫力向上はさらに高まり、有効な対策となり、寝る3時間前に飲食をすると睡眠の質が落ちるので控えます。



運動を1日30分する

体を動かすと血行が良くなって免疫力アップに繋がるので、ウォーキングなどでも良いのでやると対策となり、準備体操でも有効なので、蓄膿症(副鼻腔炎)の対策として行いましょう。



嫌いな事を紙に書く

ストレスは蓄膿症)の原因となるので、嫌いな事を気が済むまで紙に書くのが良く、これをすると嫌だったことに対して飽きるようになり、素早く立ち直る事が出来て、
感情を吐き出す効果もあるので、対策方法になります。


以上が蓄膿症(副鼻腔炎)の対策方法です。

スポンサーリンク



蓄膿症の症状とは


主な原因と対策が分かってきたので、もし発症した時は一体どのような症状が現れるのか、知りたい人がいると思うので紹介します。


蓄膿症の基本的な症状


・37~40度の発熱
・頭痛や頭重感
・こめかみや眉の間の痛み
・咳や痰が止まらない
・喉に鼻水が落ちて来る
・口臭や鼻の匂いが臭い
・黄色や緑色の鼻水
・味覚や嗅覚の衰え
・めまいや吐き気
・耳鳴りや耳詰まり

以上が蓄膿症(副鼻腔炎)の症状です。


蓄膿症(副鼻腔炎)の発熱は微熱と勘違いされがちですが、高熱を出す事もあり、頭痛に関しては、最初はただの頭痛である事が多いです。


しかし、膿が溜まって悪化していくと頭重感・こめかみの痛み・眉間の痛み・顔面の痛みなどの症状が現れます。


また鼻水が喉元に落ちて、咳や痰が止まらないようになり、特に寝る時の横になった頃は咳や痰が止まらないで眠れない方もいます。


蓄膿症の鼻詰まりで、嗅覚と味覚も悪くなります。


鼻詰まりで空気が吸えないため、口呼吸となる事で、口臭がきつい状態になり、酸欠不足で、めまいや吐き気の症状が出る事もあります。


また蓄膿症の膿が耳管に入ると、中耳炎を発症して、耳鳴りや耳詰まりの症状を伴うケースがあります。


症状はすぐに治らず、発症して1ヶ月経過していない人は、1週間~1ヶ月程で治り、3ヶ月以上続く慢性的なケースなら、半年~1年掛かります。


以上で蓄膿症の症状について終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ