蓄膿症の鼻水は色は透明や黄色?変化の過程とは


蓄膿症(副鼻腔炎)を発症した人は鼻水などの症状を伴いますが、色は透明や黄色などなぜか様々な状態となっています。


7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s


色に疑問を感じる人が多いかと思います。


そのため今回は蓄膿症の鼻水が透明や黄色の状態になる理由を説明するので、興味がある人は見てください。

蓄膿症の鼻水の色とは


蓄膿症の症状で鼻水が出た時は、色が様々であり、今から発症した時に現れがちなものを紹介します。


蓄膿症で出る鼻水の色


透明でサラサラ             初期
   ↓
黄色でネバネバ(匂いが臭い)       中期
   ↓
緑色でネバネバ(匂いが臭い)       後期

血の混じった赤や茶色         初期~後期

以上の過程で蓄膿症の鼻水の色は変化します。


まず蓄膿症を発症して間もない時は、鼻水が透明でサラサラである事がほとんどであり、この場合はまだ軽症であることが考えられます。


鼻水の色が透明~黄色に変わる時は、白血球とウイルスが関係しています。


ウイルスや細菌が鼻の中に侵入した際は、それを倒すために人間の免疫細胞である白血球が戦うのですが、ウイルスや細菌と同様に白血球も死骸になる事があります。


死骸になったウイルス・細菌・白血球が鼻水の中に混じる事で、色が黄色に変化して粘り気を付けるようになり、黄色である場合は蓄膿症(副鼻腔炎)が考えられます。


蓄膿症の鼻水が後期になるとまた変化します。


緑色の場合は死骸となったウイルス・細菌・白血球がそれだけ多いという事であり、副鼻腔の炎症が酷いため、膿が大量に鼻水に混ざって緑色の鼻水となっています。


緑色なら蓄膿症である可能性が黄色の時よりも可能性が高くなります。


また蓄膿症の初期~後期にかけて、血の混じった赤色や茶色の鼻水が出る事があり、やはり副鼻腔などの鼻の粘膜が炎症を起こしているのが原因です。


炎症を起こしているので僅かな刺激によって、鼻水に血が混じるのです。


特に発症して間もない蓄膿症は、片側だけの鼻の粘膜が荒れていて、片鼻の鼻水だけに血が混じる傾向があるので、分かりやすいです。


もちろん、風邪・インフルエンザ・花粉症などでも同様に血の混じった鼻水が出るので、血が混じる事はあまり気にしなくて良いです。

スポンサーリンク


他の病気の鼻水との見極め方とは


蓄膿症の症状による鼻水と他の病気との違いが分かりずらいという人もいるので、違いをお伝えしていきます。


蓄膿症の鼻水の違い


風邪

通常風邪による症状が進むに連れて、鼻水が透明でサラサラ→透明でドロドロ→黄色でドロドロ→緑色でドロドロに変化しますが、やはり白血球とウイルスの死骸が混ざって色が変化しており、風邪の鼻水は一週間以内に治るので、副鼻腔炎と違いが分かりやすいです。


インフルエンザ

インフルエンザは遅くても解熱して2週間後には鼻水が止まり、風邪と同様に鼻水の色は透明・黄色・緑色・赤色などがありますが、治らない期間が長いので蓄膿症と勘違いしやすいですが、筋肉痛や関節痛などの違いがあります。


花粉症

アレルギーによる鼻水の色は常に透明でサラサラであるのがほとんどであり、数週間透明でサラサラの鼻水が続く時は花粉症やアレルギー鼻炎が考えられ、蓄膿症との違いが分かりやすいです。


以上で鼻水の色について終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ