蓄膿症の自然治療法?妊婦でも自宅で出来る?


蓄膿症(副鼻腔炎)の自然治療を考えている方がいると思いますが、妊婦の方は特に薬などを服用すると胎児に悪影響を及ぼす事を知っている方もいると思います。


afd66ef1855a801e059f03b6e68a0d34_s


そのため、自然治療が自宅で出来る治療法を探していると思います。


今回は蓄膿症になった人や妊婦の人でも自宅で簡単に出来る治療法を紹介するので、興味がある人は見てください。

蓄膿症の自然治療は難しい?


妊婦の方などはやはり治療に薬を飲む事に対して、抵抗があると思うので、どうしても自然治療は出来ないのかと考えがちです。


しかし、蓄膿症の自然治療は難しいです。


基本的に自然治療が可能な蓄膿症(副鼻腔炎)は、発症して1ヶ月経過していない急性のタイプであり、急性タイプなら免疫力を高めれば可能性はあります。


しかし、発症して3ヵ月以上続く、慢性の蓄膿症は自然治療が難しく、慢性の方は生活習慣が悪い人が多い傾向にあります。


そのため、慢性のタイプの妊婦の方などは医師と相談する事も大切ですが、今回は自宅で出来る治療法を紹介しているので、実践してもらうと少しは良くなる可能性があります。


また急性の蓄膿症の妊婦の方は自然治療できる可能性がありますが、放置しない方が良いです。


放置して悪化した人はとても多く、慢性タイプの蓄膿症になった方もいます。



実際に急性の蓄膿症を短期間に治せた人は、すぐに薬を処方してもらい毎日継続して服用したという方が多く、他には自然治療する事もあります。


しかし、妊婦は薬に服用制限もあるので、今回は自然治療の方法を紹介します。


またアメリカのワシントン大学では偽薬を飲んだグループと抗生物質を服用させた蓄膿症患者を実験したのですが、結果的に治療期間に変化は見られなかったようです。


蓄膿症に抗生物質が効果的とは言い切れず、薬をきっちり服用する方は、恐らく生活習慣が整っているから治るのだと思います。

スポンサーリンク


自宅で出来る自然治療法


今回は妊婦も自宅で簡単に出来る蓄膿症の自然治療法を紹介したいのですが、その前に約束してもらいたいことがあります。


まず免疫力を向上させると薬を服用せずとも蓄膿症に良い影響を与えます。


しかし、免疫力を下げる動きをすると治療にまで至らないので、主に運動不足・暴飲暴食・タバコ・お酒の飲み過ぎ・不規則な生活・過労・ストレス・睡眠不足は避けます。


自然治療法をやる前にこれらの事を控える事が治療法となり、蓄膿症を妊婦でも治せる治療法は以下の通りとなるので、継続して頑張りましょう。


妊婦も出来る自然治療法


玉ねぎの匂いを嗅ぎながら寝る

玉ねぎの沁みる匂いの正体は硝化アリルという成分で、炎症を治して血行を良くする作用があるため、蓄膿症の方に非常に有効で、寝る際にスライスした玉ねぎを枕元に置いて寝ると良く、この方法で鼻詰まりが治った方は多く、自然治療法の中でも非常におすすめなので、妊婦の方は薬はなくとも毎日やると効果が期待出来ます。



砂糖を変える

砂糖は体の体温を冷やして免疫力を下げる成分なので、蓄膿症の自然治療法の邪魔になるので、体の体温を逆に高める砂糖であるてんさい糖を代用するのが良く、他にはハチミツは栄養も豊富なので、代用する事をお勧めします。



ビタミンAを取る

蓄膿症の方は鼻の奥の粘膜が炎症を起こすほど粘膜が荒れているので、粘膜を修復して強化するビタミンAを取る自然治療法が良く、主に卵黄・うなぎ・人参・ほうれん草・小松菜・カボチャ・モロヘイヤ・ニラ・トマト・スイカ・みかんなどが含んでいるので、妊婦の方は毎日食べましょう。



たんぱく質を取る

基礎代謝を上げるたんぱく質は体温を高める事で免疫力アップの効果が期待出来て、主に卵・鶏肉・白身魚・納豆・豆腐などが含んでいておすすめです。



睡眠の質を上げる

光や音でうるさい場所で寝ると睡眠の質が下がり、免疫力も低下するので、カーテンを閉めてなるべく部屋を暗くして、明かりは真っ暗にした状態で、さらにアイマスクや耳栓をして寝ると睡眠の質が上がって、免疫力が上がり、蓄膿症に有効な自然治療法となります。


以上で妊婦にも出来る自然治療法について終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ